場管理調査

可視カメラ、赤外線カメラ、受信機の搭載などにより、
放牧牛などの頭数をカウントします。体温測定による健康管理も行います。
また、牧草の育成状態を確認することも可能です。

実績例:ノホンカワウソの調査(栃木県)

牧場調査(栃木県)

調査

可視カメラ(通常のカメラ)の他、赤外線カメラを用いた撮影を行います。
これにより、可視カメラでは見えなかった動物を発見することが出来ます。
また、その動物の形状を確認することも可能です。

さらに、可視カメラや赤外線カメラで、
対象エリア全体の生育分布地図を作成することも可能です。

実績例:シカ、イノシシの調査(千葉県)

お客様と共に、ドローンの可能性を活かして

​何ができるかを考え、ご提案いたします

まずはお気軽にご相談ください